ヒアルロン酸

トカゲの尻尾の再生は有名です。

ヒトも妊娠27週までの胎児もこれと同じく元に復元します。
この時期の羊水中に存在するヒアルロン酸は通常のヒアルロン酸の分子量と違い5~40万と中分子量型のヒアルロン酸です。通常化粧水に含まれるヒアルロン酸の分子量は100万以上のものが使われます。これくらいのサイズだと肌に浸透しにくく表面を覆い保湿の効果はあるといった程度です。

そこで分子量を5~10万にすることによって肌の浸透を良くし肌再生を期待してます。
またこの分子量のヒアルロン酸は毛細血管の委縮するとの報告もあり、赤ら顔や傷の赤みに対しても期待が上がります。

中分子ヒアルロン酸の特徴

発酵製法(動物由来ではない)により製造されたヒアルロン酸で分子量5-10万のみでできたヒアルロン酸美容液です。

中分子ヒアルロン酸の使い方

最初に直接お肌につけてください。はじめは、ぬるぬるした感触がありますが、すぐにさらさらになります。
中分子ヒアルロン酸は、それ自体に保湿効果が少ないので、その後、保湿剤を使ってもかまいません。